財団について

トップページ > 財団の概要

公益財団法人 京都和装産業振興財団について

財団の概要

名称 公益財団法人京都和装産業振興財団
顧問・名誉会長・
参与
顧問
山田 啓二(京都府知事)
顧問
門川 大作(京都市長)
名誉会長
立石 義雄(京都商工会議所会頭)
参与
土井 伸宏(京都銀行協会会長)
代表者
理事長
池田 佳隆(京友禅協同組合連合会理事長)
住所 〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下る 丸池藤井ビル内
TEL075-211-0015 / FAX075-213-3815
設立年月日 平成4年12月24日
法人の目的 この法人は、和装文化の基盤となる京都府の和装関連産業の振興のため、和装関連産業に対する活性化支援や和装の普及啓発等の事業を行うことにより、地域産業の育成と活性化に貢献し、活力ある地域経済社会の形成に寄与することを目的とする。
法人の沿革
設立発起人会
平成4年11月24日
設立許可(京都府知事)
平成4年12月24日
設立登記(京都地方法務局)
平成5年1月4日
事務所開設
平成5年4月1日
公益法人制度改革により公益財団法人へ移行
平成25年10月1日
基本財産 22百万円
府市各5百万円、会議所・染織5団体各2百万円)
運用財産 1,165百万円 ※平成26年3月31日現在
(府・市 各4億円、他は染織5団体・金融機関等)
組織 ・評議員会(12名)、理事会(18名)、監事(2名)
・理事長(1名)、副理事長(4名)、専務理事(1名)

主な事業

和装普及啓発事業

  • 和装文化の継承に繋がる将来のきものファンづくりをめざす修学旅行生等きもの着つけ・貸し出し事業の実施
  • 初心者向け着つけ教室の開催
  • 「きものの似合うまち・京都」推進事業の取り組み(きものパスポート)
  • 「伝統産業の日」関連事業への支援
  • 和装業界等が取り組む各種事業との連携強化

和装教育支援事業

  • 学校教育における着つけ実習への支援
  • 大学生着付け塾の開催
  • きもの着つけDVDの普及
  • 大学生が行う和装関連取組との連携強化

企画広報事業

  • 情報発信事業の取り組み ― マスメディア等への情報提供やホームページによる広報、インターネット活用等
  • きものよろず相談窓口の定期開催
  • ホームページ等を活用した関連団体との広報連携の強化

和装業界人のモラル向上

商道徳を含め倫理を確立し消費者の信頼回復を図ることを目的に、平成18年に財団をはじめ関係和装団体で制定された「きもの文化宣言」の意義を全ての業界人が再認識し、日々襟を正した商いを提唱。

和装文化振興基金の運用

1,165百万円 (26年3月末)